健康のお茶

薬の役目

お茶というのは、中国で発祥したといわれています。
漢方を見つけ出した中国の帝王が、野草や樹木を口にして毒の作用を受けてしまった場合に、お茶で解毒していたのです。
宋の時代には、お茶は嗜好品の一つとして飲まれるようになりました。そして日本にも伝わり、現在のように一般庶民に広がる飲み物となったのです。

お茶には、様々な種類があります。それぞれの種類によって効果や効能が違いますが、基本的な効果は同じです。
効果としては、殺菌作用、リラクゼーション効果、歯周病予防、口臭予防、体脂肪低下作用、二日酔い防汚し、集中力アップなど数えきれないほどの効果があります。

また、現在では気軽に摂取することができるよう、お茶の葉だけではなく、ティーバッグや粉末状になっているものもあります。
コンビニやスーパーでは、すでに抽出されたお茶が販売されています。
いつでもどこでも気軽に飲むことができる、身近な飲み物です。

現在では、スーパーなどでなかなか手に入れることができない貴重なお茶を通販で購入することができるようになっています。
通販であれば、自宅にいながらにして商品を注文し、受け取ることが可能です。

老若男女問わず好まれているお茶は、自分の求めている健康効果に合った種類のものを購入しましょう。

検索

キーワード検索:

お知らせ一覧

2014/06/17
いしだ茶屋を更新。
2014/06/17
宇治田原製茶場を更新。
2014/06/17
静岡茶いちを更新。
2014/06/17
お茶の里を更新。